• ホーム
  • スタッフ紹介
  • インターン申込み
  • 募集要項
  • 社内研修
  • 勉強会
  • スタッフ紹介

    • 馬引店 店長 薬剤師 安藤 美佐子

      ①自己紹介

      まずは、自己紹介と、入社までの経緯をお願いします。

      馬引店店長の安藤美佐子です。
      名城大学薬学部を卒業しまして、病院で8年近く勤めました。
      その後、薬局に勤務していましたが、出産のタイミングで退職、10年近く育児に専念していました。
      子供たちが小学生になり、パートとして仕事を再開しました。
      その後、一宮に戻ってきたのをきっかけに、ほほえみ薬局に入社いたしました。

      10年育児に専念されていたということで、大きなブランクがあったんですね。

      その間は仕事から完全に離れていました。
      不安はありましたが、実際に働きながら指導をしていただいて、4年目に馬引店店長になりました。

      ②仕事について

      普段の仕事内容について教えてください。

      処方箋の調剤はもちろん、在宅医療にもかかわっています。
      内服薬のほかに、無菌調剤室で調製した輸液や、麻薬を持って、患者さんのお宅に訪問したりしています。
      また、一宮市公認のおでかけ広場として、定期的に健康教室を開催しています。

      店長としてのお仕事はどんなことをされているんですか?

      薬の在庫管理や、スタッフの勤務シフトの確認などです。
      また、馬引店では毎年、薬学部の学生実習を受け入れています。
      実際に患者さんと接して勉強してもらい、薬局薬剤師のやりがいなども感じてほしいと思っています。

      ③ほほえみ薬局について

      ほほえみ薬局はどんな会社だと思いますか?

      ちょうどよい規模の会社だと思います。
      会社スタッフの全員の顔がわかって、ものも言いやすいです。
      メンバーの人柄がよく、穏やかな雰囲気の会社です。

      ほほえみ薬局のアピールポイントはなんでしょうか?

      スキルアップを応援してくれる会社です。
      月1回の社内勉強会や、講師を招いての研修もあります。
      外部研修会の時間や、費用面の補助もしてくれますので、医療事務スタッフに登録販売者も増えています。
      もうひとつは、地域に密着した薬局を目指している点です。
      処方箋がなくても、立ち寄ってもらい、薬の相談を受けるような店づくりをしています。

      これからの課題は何でしょうか?

      在宅医療業務の充実です。
      各店舗で、しっかりしたチームを作っていきたいと思います。
      また、薬局のカウンターで、患者さんとお話しする時間も大事にしていきたいです。

      最後に、学生さんへのメッセージをどうぞ

      ほほえみ薬局は、実習生の受け入れも多くしてきていますので、安心して働きながら学んでいけると思います。
      女性薬剤師の多くが子育てをしながら働いていますので、将来的に長く働いていける会社です。
      ブランクがある方にも、来ていただきたいと思います。

      • 馬引店 薬剤師 片桐 優太

        ①自己紹介

        まずは、自己紹介と、入社までの経緯をお願いします。

        ほほえみ薬局、馬引店で薬剤師として勤務しております、片桐優太と申します。
        名城大学出身です。平成29年度より、新卒として働き始めまして、今春で社会人2年目を迎えます。

        片桐先生は新卒でこの会社に入社されたということですが、入社するきっかけはなんでしたか?

        入社のきっかけとなったのは、濱崎社長との出会いでした。
        年齢はだいぶ離れておりますが、濱崎社長とは、同じ名城大学の先輩後輩にあたります。
        学生時代に、大学OBの先輩との交流会で、社長にお会いし、弊社の理念である「地域に寄り添う薬局づくり」に共感しました。
        その後、店舗見学、店舗で働く先生とのお話を経て、入社を決意しました。

        薬剤師になろうとしたきっかけは何でしょうか?

        正直に言うと特にきっかけはないですけれども、金銭面ですとか職業的にも安定しているということを考えて、この職業を選びました。
        ただ、働き始めてから、現在は毎日の業務を通して、地域の皆様の健やかな生活に貢献することができればと考えております。

        ②仕事について

        普段の仕事内容は、どのようなことをされているんでしょうか?

        昨年度は入社一年目も言うこともあり、まずは基本的な調剤や投薬業務を通して、仕事に慣れることからのスタートでした。
        比較的業務に慣れてきた秋ごろからは、在宅業務、無菌調剤、地域の健康教室にも携わり、一年目より、さまざまな経験を積むことができたと考えております。

        入社されてから苦労されたことはなんでしょうか?

        大学で学んだこと以上の知識が必要とされるのは当然ですが、患者ひとりひとりに合わせた応対をするコミュニケーション力、実践力が必要だと感じました。
        長年薬局をご利用いただいている方も多いので、どのように関係を深めていくか、先輩の先生方からやさしくご指導いただき、今では少しずつ、慣れてきたのかなと考えております。
        また、やはり冬場などは、非常に多くの患者様が来局され、その多さに圧倒される日もあります。

        ③ほほえみ薬局について

        ほほえみ薬局はどんな会社だと思いますか?

        メリハリのある会社だと感じています。
        平日は9時から20時までと、少し長めの勤務時間ですが、その分週2.5休となっておりますので、働くときは働く、休む時は休むとこがしっかりできる会社だと思います。
        また、在宅や地域活動など、1年目より、様々な業務に関わることができ、成長の場を与えてくれる会社だと感じています。

        今後、働く上での目標はありますか?

        現在は、研修認定薬剤師の所得に向けて、学術大会や地区の薬剤師会に参加して、日々、研鑽を積んでおります、いずれは、かかりつけ薬剤師を所得し、地域の皆様に愛される薬剤師を目指していきたいと考えております。

        これからのほほえみ薬局の課題は何だと思いますか?

        今後ほほえみ薬局としてもさらに在宅業務に携わってく予定をしていますが、やはり人数面で不安が残ると感じております。

        最後に、学生さんへのメッセージをどうぞ。

        国家試験、卒業研究など大変な毎日が続いていると思いますが、後悔のない選択をしていただければと思います。

        • 真清田店 店長 マネージャー 尾関 慎治

          ①自己紹介

          まずは、自己紹介と、入社までの経緯をお願いします。

          マネージャー兼、真清田店長の尾関慎治です。
          出身は一宮市、宮城県にある東北薬科大学薬学部を平成10年に卒業して、しばらく宮城県仙台市の薬局で仕事をしていました。平成22年に一宮市に戻り、ほほえみ薬局に入社しました。

          入社してからはどのような経緯でしょうか?

          はじめは、馬引店の1勤務薬剤師として働いていました、半年くらいで馬引店の管理薬剤師兼店長になり、それから4年ほどでマネージャーになりまして各店を回るようになりました。

          ②普段の仕事内容(マネージャーの仕事)

          普段の仕事内容はどのようなことをされているんでしょうか?

          各店の応援に行きながら、それぞれの店舗の管理や、店長の統括などを行っております。

          店長としてのお仕事はどんなことをされているんですか?

          主に有給申請や、稟議書の審査、店長会議の運営などの各店の目標の進展の管理、各店を見る機会が多いので、いろんな情報や経営状況などを把握しながら、それぞれの課題を見ています。
          年に一度、人事考課表を皆さんに書いてもらい、面談も行っていて、そこで一人一人の反省点や、目標なども一緒に見つめなおしています。
          社内研修などの全体会議の進行も務めていて、各店を繋げてまとめ上げるような作業が多いと感じております。
          他には、ドクターとの面談に店長と同行させていただいたり、薬剤師会の参加もしたりしていますので、多極の薬剤師とも多く交流しています。

          お仕事で苦労されていることは何ですか?

          各店舗の薬の在庫管理が大変です。
          各店で動いていない薬品など他の店舗に移動させたり、数も多いのでこれが大変です。
          最近ほほえみ薬局で在宅医療もはじめまして、最初は自分がほとんど在宅を担当しました。
          契約書や家族の面談をしたり、コミュニケーションをとったりなど、ほぼ一人でやっていたので大変でした。
          でも今は土台もしっかりできていて在宅の数も増えたので、各店舗に振り分けてそれぞれで管理して業務をしています。

          ③ほほえみ薬局について

          ほほえみ薬局はどんな会社だと思いますか?

          みんなが相談しやすい環境が整っている会社だと思います。
          今までいた会社の中で、一番横のつながりを強く感じます。
          店舗数もそれほど多いわけではないので、みんな顔見知りになれる、気兼ねなく相談できる薬局だと思います。

          ほほえみ薬局のアピールポイントはなんでしょうか?

          とても学ぶ機会の多い会社だと思います。
          月に一回はどの店舗でも勉強会を行っています。
          薬剤師会のほうでも勉強会があり、日々スキルアップできます。
          各店舗でも、調剤の種類が変わってくるので、とてもいい刺激になります。
          あとは、プライベートをしっかり確保できる会社だと思います。
          基本週休2.5休なので、しっかり身体を休ませることもできますし、有給も取りやすい。
          スタッフもよく有給をとって、旅行などに行っています。
          すべての店舗が一宮市にあるので、店舗間の移動もあまり苦にならず、働きやすい職場だと思います。

          逆に、今後の課題はありますか?

          各店舗にそれぞれのやり方があるので、もう少し統一していきたいです。決まりを統一させて、移動してもわかりやすい職場にしていきたいです。
          あとは、店長会議や全体会議などで、もっと意見が飛び交うようにしていきたいです。
          意識を活性化させ、どんどん意見が言えるような雰囲気を作っていきたいです。

        • メールでのお問い合わせはコチラ
        • えみぞう
        • Copyright ©2012 Hohoemi Pharmacy All Rights Reserved.

          ページ上へ